ライザップはきつい!?トレーニング内容や乗り越え方を解説

「ダイエットしたい。でもきついダイエットは嫌だ。」

今まできついダイエット方法ばかりやっていた方には、こんなことを思う方も少なくないのではないでしょうか。

そんな方にとってライザップに通うのは、きつい内容なんじゃないかと心配になってしまいますよね。

今回はライザップのトレーニング内容やダイエット内容がきついのか、徹底解説していきます。

【ライザップのトレーニングメニューを知りたい方は以下をチェックしてください。】
ライザップのトレーニングメニュー

ライザップの内容はどれくらいきついのか

昨今テレビCMでも話題となっているライザップ。

ビフォーアフターをみると、劇的に痩せている方も多く、トレーニングがきついんだろうなと思ってしまいます。

結論から言うと、ライザップでのトレーニング・ダイエットは簡単ではありません。それなりにきついと言えます。

やはり、2ヶ月ほどの短期間でダイエットしようとすると、それなりの大変さは我慢する必要があります。

ただし、耐えられないキツさではありません。それではライザップでのダイエットは何がきついのか紹介していきます。

トレーニング

ライザップがきついと思う最大の理由はトレーニングの部分でしょう。

基本的には1週間に2回のトレーニングが必要で、1回あたり50分行います。

筋肉を効率よくつけるため、重量があるものを持ち上げたり、スクワットをしたりするので、普段から筋トレや運動をやっていない方はきついと感じるかもしれませんね。

ただし、30キロしか持ち上げられないのに、100キロを持ち上げろなどと言われることはありません。

その方に合わせたプログラムをトレーナーの方が作ってくれるので、きついといっても乗り越えられるレベルです。

食事管理

ライザップではトレーニングだけでなく、食事の管理も指導してくれます。ただし、人によってはその食事管理内容がきついと感じる人もいます。

ライザップの食事管理の内容は、「糖質制限」が主となっています。

糖質制限をすると、ご飯やパンなどの炭水化物を食べないようにする必要があります。食事にはご飯が欠かせないという方も多いので、この炭水化物の制限がきついという方はそれなりにいるでしょう。

一方、お肉などは食べることができます。お肉は脂質や糖質が少なく、タンパク質が必要なので、筋トレと合わせると筋肉がつきやすくなるからです。

ライザップの食事管理は、米やパン、お菓子などは制限する必要があるので、この部分がきついといえます。

ライザップのきついトレーニングを乗り越られるコツ

ライザップはしっかりとトレーニングをクリアできれば、ダイエット効果が期待できるでしょう。

ここからはライザップのきついトレーニングを乗り超えるためのコツを紹介します。

最初の4回はきついことを知っておく

ライザップのトレーニングもっともきついのは特に最初の4回です。

複数回はきついと思っても、最初のトレーニングをいくつかこなせば、その後は慣れてきます。

特に当初の筋肉痛はかなり強いことが想定されます。ただし3日ほどで筋肉痛は治るので、安心してください。

3食しっかりと食べること

ライザップは食事管理すると言っても、早く痩せたいからと言って、食事の回数を減らすのはおすすめできません。

ライザップがきついのはあくまでも食事の内容であって、食事の回数ではないのです。

場合によっては間食も必要です。

無理な食事制限をすることで、我慢しすぎて、リバウンドしてしまわないように気をつけましょう。

できればトレーナーと仲良くなる

ライザップのトレーナーは知識・経験がしっかりしていることに加えて、人柄も含まれて、面接などを経ています。

トレーナーと仲良くなれば、「きついトレーニングに行きたくないなあ」と思った時でも、我慢をして通おうと思うきっかけにもなります。

もちろんトレーナーの方とは相性もあるので、無理をする必要はありませんが、できればトレーナーの方とも仲良くなるようにしましょう。

まとめ

ライザップのトレーニングがある程度きついことは事実ですが、それは他のパーソナルジムも同じです。

ダイエット方法は様々ありますが、パーソナルトレーニングは効果が期待しやすく、継続もしやすいダイエット方法です。

きついトレーニングが報われるよう、しっかりとトレーニングしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。